失われることのない新鮮な輝きがあるシャネルのカンボンライン

シャネルのカンボンライン

シャネルには、いくつもの人気のラインがあります。
その中でも、財布として人気があるのが、カンボンでしょう。
このカンボンの名前の由来は、1910年までさかのぼります。

1910年にココ・シャネルは、フランスのパリにあるカンボン通りで創業します。
シャネル・モードという名前の帽子専門店でした。
このカンボン通り名前こそが、カンボンラインの名前の由来となっているのです。
他にも、このカンボン通りから発送を受けて出来上がったのが、あのダイヤ形状のデザインといわれています。

数多くの商品に使われるカンボン

カンボンラインには、数多くのラインナップがあります。
その中でも、人気が高いのは、やはりトートバックと財布となるでしょう。
素材もラムスキンやエナメル、ツイードなどがある上に、カラーバリエーションも豊富です。
その中で定番のカラーとなっているのは、黒地×白のデザインでしょう。
シャネルの定番的カラーの組み合わせであり、どこかこれぞシャネルと思わせる雰囲気があります。
黒地に白のCCマークがあるだけで、とても印象的に残るからです。
多くの人が、このデザインにあこがれ、シャネルを手にすることになったことでしょう。

特にCCマークの大きさと配置がなんとも表現できないほど絶妙な位置にあり、シャネルというブランドを大きくアピールしています。
この辺りの使い方も、カンボンラインの特徴になっているのです。

シャネルの場合、派手なぐらいCCマークが目立つことがあるでしょう。
このカンボンラインは、本当に派手なくらいがブランドであるといわんばかりの演出になっているのです。
そこが若い女性を中心に、高い人気を博しているポイントとなっているともいえるでしょう。
だからこそ、財布やバッグなどの皮革製品が多く展開されているともいえるのです。

輝きを失うことはない

最初にシャネルを持とうというのであれば、女性の場合には、このカンボンラインが向いていることでしょう。
シャネルというブランドの持つ魅力がふんだんに詰まっているからです。
黒字に白のモノトーンの組み合わせにすれば、他の持ち物を邪魔したり喧嘩したりすることもありません。
財布にするのであれば、取り出したときに高級感を演出してくれることも確かです。

10代であれば、ストリートファッションと合わせることができるのも、この組み合わせでしょう。
年代が上がっても、スーツと合わせてみれば、それもまたおしゃれな姿にすることができるようになるのです。
定番というものは、新鮮さという面では劣るかもしれません。
ですが、定番だからこそ持つ新鮮な輝きは失われることはないのです。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply