シャネルを作り上げたココ・シャネルの時代

ココ・シャネルの時代

シャネルには2つの時代があるといわれます。
その一つが、創始者であるココ・シャネルの時代です。
のちに、皇帝と呼ばれるカール・ラガーフェルドが新たな時代を築くことになりますが、ココ・シャネルがいたからこそ、シャネルは成立したことは間違いありません。

1910年に創業者ココ・シャネルがパリで帽子屋を始めます。
実業家でもあったココ・シャネルは、女性デザイナーであったことで、注目されるようになるのです。
今でも書籍や映画になるのも、こうした多彩な才能を見せたことが挙げられます。

当然大きな資本もない時代に作り上げたのが帽子屋です。
手工業的な生産展開で経営をして行きますが、1921年に大きな転機を迎えます。
それが香水のシャネルの5番であり、これが伝説的な香水No.5となることで、ビジネスが大きな発展を見せることになるのです。

No5とヴェルタイマー

この当時は、すべて手工業で進められていました。
どんなに優れた商品であっても、これでは限界が見えます。
そこで、ピエール・ヴェルタイマーと手を結ぶことになるのです。

ギャラリー・ラファイエットの創業者テオフィル・ベイダーの紹介で知り合うことになりますが、これが大きな転機となります。
のちにシャネルの事業を引き継ぐことになるヴェルタイマー一族と、この時点でつながっていくことになるのです。
この邂逅がなければ、現在にシャネルの名前は残らなかったでしょう。

フランス最大の化粧品企業のオーナーだったピエールは、資本力だけではなく、さまざまなノウハウも持っていました。
その支援をうけて、1924年にシャネル香水会社が出来上がるのです。
その後、ヴェルタイマーが自社の化粧品をシャネルブランドで販売してしまうことで仲たがいしてしまいます。
シャネル香水会社をココが辞任にするところまで発展してしまうことで、軋轢が生まれていくのです。

ヴェルタイマー一族との和解と発展

シャネルは、スーツなどもヒットするようになり、企業としても大きくなっていきます。
しかし、シャネルとしてのブランドは分裂した状態となり、これが余計に溝を作っていくことになるのです。
特にアメリカのシャネルは、ヴェルタイマーが救っていったことは確かで、市場拡大も行っていました。
これが、のちのアメリカでのヒットにつながっていくのです。

1954年にブティックを再開するにあたっては、ヴェルタイマーの支援を受けます。
お互いが歩み寄ることにより、シャネルは再び大きく羽ばたいていくのです。
マリリン・モンローの逸話もこの時代であり、シャネルは世界でも有数のブランドになります。
ヴェルタイマー一族とも和解しますが、1971年に87歳で亡くなります。
その後は、ヴェルタイマー一族が100%の株を所有することとなりますが、皇帝と呼ばれることになるカール・ラガーフェルドが舞台に登場するのです。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply