軽くても安くてもそこはシャネルであるということを感じるトラベルライン

軽量で使いやすいトラベルライン

シャネルのバッグは、重量的に軽いものが多い反面、傷をつけないようにする努力も求められます。
それだけ優しく柔らかい素材になっているわけですが、1999年にトラベルラインというナイロン素材を使ったバッグが登場します。
マトラッセ調の斜め格子のデザインの基本としていたため、シャネルの香りを漂わせていたのが特徴となった旅行用ラインだったのです。
旅行をすることを前提としてデザインされたため、さらに軽く作られました。
これは、ボストンバッグやキャリーバッグ、ウエストポーチなど持ってあるくことになるのですから、バッグ自体が邪魔にならないようにというシャネルの配慮だったといえるでしょう。

ニュートラベルラインの登場

2年後である2001年には、新しくリニューアルしたニュートラベルラインが発表されます。
ニューとなることで、デザインも一新されました。
ひし形の斜め格子だったのが特徴でしたが、ナイロンジャガードの格子状にかわり、ナイロン素材ですが、高級感のある折柄に生まれ変わったのです。
ナイロンジャガードには、さりげなくCCのロゴが織り込まれており、これがシャネルのバッグだということをアピールできるようになっています。
それでも、エルメスとして大変人気のあるラインになっているため、ロゴがなくても見た目ですぐにわかることでしょう。

トラベルライン自体は、シックなカラーで展開されていました。
それもそれで人気がありましたが、ニューとなりファンシーでフェミニンなカラーに変化しました。
そのカラーもピンクやベージュといった感じですので、当然人気は沸騰し、さらなる人気になっていったのです。

ユーザー層の開拓のためにも

ニュートラベルになっても、大容量と軽量という特徴は継承されました。
さらにリーズナブルな価格設定も人気の秘密となったのです。

シャネルは、基本思想としてラグジュアリーブランドとして安売りはしないということが基本にあります。
そこで、ユーザー層を開拓していくために、シャネルの製品を出していくことで、敷居を少し下げていこうと考え始めているのです。
だからといって、廉価版を販売するのではなく、しっかりとしたシャネルの製品を手にしてもらうための方策として考えているといえるでしょう。
ニュートラベルラインもその中の一つであり、人気ラインとなりました。
キャリーバッグやボストンバッグ、トートバッグといった大きなバッグも発表されていく中、旅行用のバッグインバッグとしてポーチといったものまで広げられていったのです。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply