シャネルの良さを生まれ変わらせたタイムレスクラシック

1955年の2月という意味

シャネルの象徴的なデザインの一つとして、チェーンストラップがあります。
このチェーンを採用したのが、1955年のこと。
シャネル初のラインとして、2.55を発表したのです。
この2.55を現代のデザインとして復活させたのが、タイムレスクラシックで、シャネルを象徴するようなバッグとなりました。

2.55という名前は、日本ではあまりなじみのない番号となるでしょう。
この数字は、2月55年という意味があります。
つまり、1955年の2月に発表したモデルであるということを表しているのです。
フランスでは普通の表記ではありますが、日本ではあまり見覚えのない書き方といえるでしょう。

画期的であったチェーンストラップ

タイムレスクラシックは、2.55が原型です。
かなりの部分を受け継ぐことになりましたが、何よりも大きなポイントになったのは革の編みこまれたチェーンストラップでしょう。
このストラップが生まれた理由は、革を編み込んでいくことにより、チェーンが重さに耐えられずに切れたりしないように考えられました。
小さな配慮ではありますが、今ほどの精度がなかった以上、こうした配慮をするというのが、シャネルというメーカーだったといえるでしょう。
既にほかが真似することはできないほど、シャネルのアイコンとして浸透しています。
このチェーンの発想は、当時としては画期的だったことは間違いありません。
もとになったのは、ココ・シャネルが幼少期に過ごした孤児院の修道女のベルトだったともいわれています。
それを使うことができたのは、ココ・シャネルが持つセンスだったといっていいでしょう。

定番ラインとして

2.55には、細かなこだわりがありました。
その後、他にもバッグにも採用されていきますが、中身が見えないように折り返しをつける方法や、口紅を入れるポケットなど、さまざまな工夫がなされます。
左右に2つあるポケットは、チークと化粧パウダー用やチップ用のポケットだったりするのです。
恋人のラブレターを忍ばしておくための秘密のポケットといった装備は、時代を表しているといえるでしょう。

2.55の復刻プロジェクトのような形であったタイムレスクラシックは、人気とともに独立ラインとなりました。
2.55の伝統を守りながらも、デザインや素材に変化を加えていくことになるのです。
原型のまま、ラムスキンやジャージー素材でマトラッセ加工をして行きましたが、マトラッセ加工を施さない素材も出てきているのです。
時代を超えてなお愛されるというのは、とても素晴らしいことでしょう。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply