定番になるのには理由があることがわかるブリリアント

マトラッセを活かすブリリアント

エルメスといえば、やはりマトラッセは重要なラインといえるでしょう。
さまざまなラインに取り入れられ、エルメスの象徴ともなりました。
ブリリアントラインもその一つで、2010年の上海コレクションで発表されたラインです。
素材にエナメルを使っており、マトラッセ調の加工をしてあることが目を引くバッグであり、斜めがけもできるようになっています。

エナメル素材というと、エルメスではそこまで珍しいわけではありません。
アイコンラインなどもエナメルを使っていますし、他にもいろいろとあったりするのです。
その中でも、エナメル素材の代名詞的な存在となり、定番となっていったのが、ブリリアントだったといえるでしょう。

エルメスらしさも最小限度に

エナメル素材というと、やはり光沢感が目立ちます。
あまりにも強い光沢がありますので、ちょっとうるさい印象になってしまうこともあります。
それでも、少し特別感を感じたりするのが特徴といっていいでしょう。

そんなエナメル素材を生かすために、ブリリアントのフォルムやデザインは、至ってシンプルなものにされています。
とてもシンプルに仕上げてあるのは、ダイヤ形のキルティング加工を見るとわかるでしょう。
これ以上に装飾をしてしまうと、エナメル素材がうるさく感じられてしまうことになるのです。
このさじ加減ができるということが、エルメスの腕であるといっていいでしょう。
装飾として目立つのは、光ってみえるココマークのアクセサリーぐらいといっていいでしょう。
シャネルらしく仕上がっている革の編み込みチェーンに関して言えば、デザインの中に溶け込んでいるため、これといって目立ったりすることもありません。
仕上がりとしても、よくできているという印象を持てるはずです。

定番だからこそ生きる職人の技

定番となるバッグというものは、定番になるだけの理由があるといっていいでしょう。
永く使っても飽きのこないシンプルなデザインというのも、定番になるための大きな要因であることは間違いありません。
そこに卓越した職人の技が組み込まれているからこそ、定番は定番という言葉以上に輝くようになるのです。

ブリリアントの場合、カラーとしては定番のブラックのほかにもいろいろとあります。
エナメル素材を活かしやすいブルーやレッド、イエローグリーン、バイオレット、ピンクといったビビットカラーも数多く展開されているのです。
好き嫌いのある点ではありますが、このカラー展開の豊富さは、大きなメリットといえるでしょう。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply