エルメスのステッチの中でもストレートな意味を持つチョコバー

エルメスの美しいステッチの中で

ステッチの美しさということでは、エルメスは群を抜く存在です。
代表ともいえるマトラッセを見ると、とても美しい存在であるといえるでしょう。
他にも様々なステッチがありますが、このひし形のバランスが絶妙であることは間違いありません。
ですが、四角いということでは、チョコバーもあることを忘れてはいけません。
チョコバーとは、単純に板チョコのことを指しています。
板チョコみたいなステッチのデザインだからチョコバーと名付けられましたが、同じ四角いステッチでも印象は全く異なるでしょう。

板チョコというストレートな意味

マトラッセとは、フランス語でふっくらしたという意味があります。
キルティング加工を表すような意味を持つ言葉ですが、すでにエルメスの代名詞といってもいいでしょう。
それがチョコバーになると、逃げも隠れもできないほど、ダイレクトなネーミングに代わっているのです。

チョコバーもマトラッセと同じくキルティング加工がほとんどですが、この向きの違いが大きなポイントになってくるといえるでしょう。
特徴的なダイヤ形のキルティングから、格子状になるのですから、見た目も感覚も違います。だいぶ異端的なイメージを与えるのは、シャネルのイメージがマトラッセのダイヤ形にあるからでしょう。
方向が違うというだけでも、かなり大きな違いが生まれます。
ですが、チョコバーもシャネルの定番ラインなのです。
ショルダーバッグやハンドバッグ、ボストンバッグに財布など、本当に多くの商品に使われています。
これは、格子状にステッチを入れることで、マトラッセのように三角形を2つ足したひし形のような膨張感を抑えることができるのです。
四角いステッチは、まとまりを感じさせ、かっちりした印象を与える点は、大きな違いといえます。
これが、財布などにはぴったりと合うでしょう。

エナメル素材と合わせて

チョコバーのもうひとつの特徴として、素材がエナメルであるということがあります。
現在はマットなラムスキンを使ったモデルも多く出てきましたが、もともとはエナメルだったのです。
このエナメルの光沢感と格子状のステッチの組み合わせは、本当にチョコバーのように見えてきます。
艶やかな質感と格子状のデザイにブラウンカラーとすれば、想像するだけでも板チョコを連想するでしょう。
こうした創造力をくすぐるところも、チョコバーの良さなのです。
ダイヤ形のデザインは、人と同じで嫌だという人でも、チョコバーであればそこまでかぶることはないでしょう。
人と違う物が持ちたい人には、もってこいのデザインなのです。

シャネルの通販・買取りのセレブブランド
http://www.celeb-brand.com/

Leave a Reply